南大阪泉州・泉佐野りんくうのイタリアン,ピッツァ,パスタ、 ピッツェリア バラッキーノ PIZZERIA BARACCHINO

【1月のお休み】1(日)~6(金) 10(火) 16(月) 23(月) 30(月) 
【2月のお休み】6(月) 13(月) 19(日) 20(月) 27(月) 

 

私たちはピッツァを愛し、人を愛し、世界の平和を祈ります。

イタリアンらしく素材の味を大切にし、本場イタリア・ナポリから取り寄せたこだわりの窯で薪を燃やしてピッツァを焼く。
シンプルだけど、だからこそ本来のおいしさを存分に引きだした最高のナポリピッツァをたくさんの人に知っていただきたいと想っています。
 
小さな小屋(バラッキーノ)で、非日常の空間を気軽に楽しんでいただけるピッツェリアです。
ナポリピッツァを楽しむ笑顔が集まれば、必ずや世界に平和が訪れることと信じています。

ナポリピッツァへのこだわり。

500℃を超えるピッツァ窯の内側で、400~450℃の床面がナポリピッツァを焼くベストポジションです。ナポリピッツァの生地(小麦粉・水・酵母・塩)のみを使用し、専用パーラを使って窯内のベストポジションに置く1分余りの時間。すべての要素がそろった時に生み出される本格ナポリピッツァは、バラッキーノのこだわりの逸品です。

本場・ナポリを代表する、マリオ・アクントの窯。

イタリア・ナポリで三世代、100年以上に渡りピッツァ窯を作り続けてきたピッツァ窯の代名詞的存在であるアクント・ファミリーの系譜を受け継ぎ、競合がひしめくナポリ・ピッツァ窯メーカーのなかでも注目を集めるマリオ・アクント社。創業者マリオの卓抜したデザインセンスと、排気効率・温度管理に優れた構造、さらには徹底した材質へのこだわりが、最高のナポリピッツァを生み出します。
 
バラッキーノでは、マリオ・アクント社の窯の中でも丸みを帯びていて保温性が高いとされる、日本ではまだ数少ない「ボルカーノエクストラ」タイプの窯を使用。もちろん、南大阪初上陸です。 さらに、本場イタリア・ナポリ風の漆喰仕上げで完成した”超”ナポリ仕様の窯は、客席からもご覧いただくことができます。

 
ページトップへ